本文へ移動

活動報告

浅木の水上民生児童委員のお話を伺いました

 本会では、「生活支援体制整備事業」を、既に各地区で推進されている「福祉ネットワーク事業」の活性化事業と位置づけ取り組んでおり、高齢者調整会議(以降「高調会」という)も本事業の一部です。先日、浅木校区の高調会でも、多くのご意見が出され活発な協議が行われました。その際、水上民生児童委員からも貴重なご意見を頂いたので、後日改めてお話を伺いました。
 
水上民生委員:
 福祉ネットワークも生活支援体制整備事業も、どちらも、地域の高齢者、困りごとに対して地域全体で支えていくということは同じで、取組みに必要なのは、“強い熱意”。色んなご意見を皆さんお持ちだけど、自分は今、サロン活動の中で、一人でも多くの高齢者が興味、関心を持ち、サロン事業に参加し、ネットワーク活動を理解してもらえるよう『浅木区ネットワーク通信』を出しているけど、これも熱意がないと継続できないね。
 
 私たちも、負けないよう“強い熱意”をもって、支援事業に取り組んでまいります。           
RSS(別ウィンドウで開きます) 

生活支援体制整備事業広渡校区研修会のご報告

2019-10-08
去る9月28日(土)にふれあいの里ににて、坂本毅啓(さかもとたけはる)准教授(公立大学法人北九州市立大学地域創生学類地域福祉コース)を講師としてお招きし、研修会を開催しました。
 講義とグループワークを通して、生活支援体制整備事業の中で地域に求められている活動について学びました。
 参加者からは『会話を通して、地域の問題点や課題を見つけて、会話をすることで、具体的な解決策に向けた話し合いの大切さを実感した』といった感想を頂きました。
 難しく考える前に、ワイワイと話し合うこと。100のできないことを募るより、1のできることを見つける。そういったポジティブな意識が明日の地域を変えていくといった話に皆さん共感されていたようです。
 明日の地域福祉のために参加者の皆さんが本当に熱心に話し合われている姿を見て、私も話し合うことの大切さを再確認しました。

フードドライブへのご協力のお礼

2019-08-01
 去る7月13日、ふれあいステージの会場にて、「フードドライブ」活動へのご協力のお願いをしましたところ、2週間の短い期間ではありましたが、たくさんの皆さまから食品のご提供いただきました。
 心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
 お預かりしました皆様の善意は、先日フードバンク北九州ライフアゲインにお届けしました。                           
   御寄贈いただきました食品は、食品を無駄にしない、子どもの食生活を守るフードバンク活動により、「こども食堂」に届けられます。
御寄贈いただきました食品
御寄贈いただきました食品
ふれあいステージ Joinusのみなさん
お届けした食品とフードバンク北九州ライフアゲインのスタッフ

生活支援体制整備事業に取り組んでいます!

2019-07-03
 
  遠賀川区公民館で「生活支援体制整備事業」活動として、サロン活動の後に、遠賀川区の福祉ネットワーク推進委員の皆さんにもご協力いただき、「区の困りごと」について、グループで話合いました。
  その後、出していただいた困りごとを職員で整理し、次の話し合いの準備を進めました。
  サロンの参加者の皆さんの困りごとは、話してみると、案外同じようなことに困っていることが分かってきました。
  世代が異なると、また、違った困りごとも出てくるかもしれません。
  今後、この困りごとについて、サロン活動の後に地域内でできること、できないことを話しあっていいきたいと思っています。
  これから、全国的に人口が減少し、社会保障費も減少していきます。
  既に国では、「地域共生社会」と題して、地域を支えるのは地域に暮らす全ての人の協力でしか継続できないと考えています。
  つまり、「互助」無くして地域の暮らしは成り立たないということです。
是非、皆さんの地区でも、「しゃべり場」を通して、結束力を高めていきましょう
 
社会福祉法人 
遠賀町社会福祉協議会
〒811-4312
福岡県遠賀郡遠賀町浅木
二丁目31番1号
TEL.093-293-0430
FAX.093-482-8880
TOPへ戻る